キャッシュレス
推進事業
Cashless promotion business

2025年の大阪・関西万博開催に向けて経済産業省は、キャッシュレス決済比率40%を目標とする「支払い方改革宣言」を行いました。
さらに将来的には、世界最高水準の 80% を目指していく指針を打ち出しています。
いずれキャッシュレス決済を導入するのであれば、さまざまな優遇を受けられる今がそのタイミングです。

キャッシュレス決済を導入したいけど、どうしたらいいか分からない…
キャッシュレス決済を導入しても、使いこなせるか不安…

ホロンティアは導入からアフターフォローまで、きっちりサポートします。

キャッシュレス事業サポート
TEL:06-6225-8803
10:00 ~ 19:00

キャッシュレス決済導入のメリット

導入コストと手数料が安価

QRコード決済を導入するにあたって最低限必要となるのは、インターネットが利用できる状態のパソコンまたはスマホ・タブレット端末のいずれかです。
今なら国が導入を進めていることもあり、決済手数料が掛からないものあります。

訪日外国人の集客

中国では「Alipay(アリペイ)」と「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」というアプリ決済が有名です。
中国人にとっては日本円よりも使い慣れているアリペイやWeChat Payの方が利便性が高いので、見慣れたステッカーがあるだけでもお店に関心を持ってもらえます。

会計ミスの防止

どんなに気をつけていても人のやる事なので、ある程度のミスは仕方ありません。
しかしキャッシュレス化すると現金を扱うことがなくなるので、受け取ったお金の数え間違いや釣銭の間違いがなくなります。

新たな客層を取り込める

QRコード決済サービスには、クーポンが使えたりポイントが貯まるものがあります。
お得に買い物をしたいお客様がわざわざお店を探してやってきてくれるので、それだけでも新規顧客獲得になります。

時間の短縮

現金決済とキャッシュレス決済では支払いにかかる時間に大きな差が生じます。
キャッシュレス決済を導入するとレジでの決済時間が短縮されるため、お店側とお客様側、双方にメリットがあります。

防犯性の向上

キャッシュレス化が進めば、必然的に店にプールしている現金が少なくてすみます。
現金が少ないと分かれば、強盗や泥棒に狙われる確率も下がります。
キャッシュレス事業サポート
TEL:06-6225-8803
10:00 ~ 19:00